TOMOKI TAKAKU BLOG 記事一覧 3ページ目 | POWDER COMPANY GUIDES

TOMOKI TAKAKU BLOG

Backcountry guide Tomoki Takaku representative Powder Company Guides.
This blog is my Private weblog.

2015
1/ 4

20150104221848.jpg

2年振りにヌプシ ブーティーを新調しました!!

新品なので尚更なのでしょうが、最高の履き心地です。

私の使用環境は、90%がニセコでの自宅と会社(スキー場内)への行き来や買い物(近所なので雪国)へ行く時に履いています。

定番中の定番、不屈の名作とも言われるブーツなので、様々な素材の物が販売されています。
朝の通勤時は大概20CMぐらいの新雪の中を潜りながら、車までと車から降りてからの300Mぐらいを歩きます。
そして暖かい室内での使用も多々あるという、過酷な使用環境。

何が過酷かというと、ただ暖かい靴の場合、冷えた靴が室内で暖まる事によって結露するんですよね。
これが非常に厄介で、冷たい以上に不快感を感じるんです。
このダウンの物は乾燥しやすいので不快感が少ない!

好みやシチュエーションもあるので一概には言えませんが、
私のお気に入りはやっぱり「ダウン」の中綿の物が大好きです!
そして表面はツルツルの下記の商品がストライク!



【ザ・ノース・フェイス [THE NORTH FACE]】 ヌプシ ブーティー V(ユニセックス) NF51483_K_9

雪国で暮らす方に参考にしていただけると嬉しいです。(乾わき気味の雪質)

とは言っても環境に応じたベストがありますので、その他の素材を使用したバリエーションも豊富なので、興味のあった方は是非1足手に入れておくと冬の外出が快適になりますよ!

その他の種類に関しては下記WEB STOREをチェックしてみてください!

GOLDWIN WEB STORE



2015
1/ 1
20141231183612.jpg

【ステッカー】

K2


2014年

58mm × 14mm


2014年の1月にKWICKERは勿論、ソフトブーツも含む足回りの契約をしました。
足を入れた感覚も気持ちよいし、切り返しのダイレクト感がたまらなく、気がつけばKWICKERしか履いていません。
クリッカーシステムの復活が気になっている人も多いのではないでしょうか。
POWDER COMPANYでは今期からデモセンターとして試乗も可能です。是非活用してください!

------------------------------------------

高久智基
の私物のステッカーか、目にとまったステッカーを紹介します。



2014
12/31
20141231182537.jpg

【ステッカー】

barrels


1998年前後

47mm × 13mm

90年後半よりスポンサーして頂いた大阪のスノーボードショップです。
アラスカに通い出し、大会や撮影に精力的に活動を始めた頃から子供が産まれて自分の道を模索している時に実質的にも精神的にも大きなサポートを頂いた事は今でも感謝しています!

------------------------------------------

高久智基
の私物のステッカーか、目にとまったステッカーを紹介します。



2014
12/30
20141230185502.jpg

【ステッカー】

USAMI


2012年前後

200mm × 80mm

先輩の経営する特殊溶接の会社のステッカー。
POWCOM PARK nisekoannupuriのトランジション入口の鉄板を協力いただいています。

------------------------------------------

高久智基
の私物のステッカーか、目にとまったステッカーを紹介します。



2014
12/29
20141225163537.jpg

【ステッカー】

PARADOX VISION


2008年前後

-mm × -mm


シルクスクリーン印刷

写真家、山田博行製作のステッカー
#同い年 #北米飲み歩き最高

------------------------------------------

高久智基
の私物のステッカーか、目にとまったステッカーを紹介します。





高久智基

高久智基 / TOMOKI TAKAKU

90年前半から「エクストリーム」&「フリーライド」の分野で活躍するフリーライドスノーボーダー。98年よりゲレンデ・バックカントリーガイドを務め、スノーボードの楽しさと危険を伝えてきました。ニセコを訪れたお客様に楽しんで頂くと同時にスノーボードの技術向上 "上手くなればより楽しい"を実践すべく展開中。

詳しいプロフィールはこちら≫

CALENDAR

MONTHLY

LINKS

top
ENGLISH | JAPANESE