PHOTO SESSION ARCHIVES | POWDER COMPANY GUIDES

PHOTO SESSION


2019
1/19

こんばんは、Kageです。

今日は僕らがいつも使っているゴーグルSmithの本国の元副社長?とその仲間達、そしてSmithの日本代理店であるSMJの社長様というメンバーでのツアーに同行してPhoto Sessionしてきました。

 

Smithの元副社長のDさんは1972年の札幌オリンピックのアメリカ代表スキー選手だそうだし、それにお連れ様の76歳のスキーヤー2名もバリバリのスキーヤーだった。しかし、今回のメンバーの中に凄い方が居た。それは元U.S.エクストリームスキーチャンピオンのKent Kreitler(ケント・クライトラー)だ。

 

ケント・クライトラーと言えば、僕が1997年にニセコに籠ってパウダーの魅力に憑りつかれて以降、「いつかはアラスカを滑りたい!」という想いもあり、食い入るように観ていたTGR(Teton Gravity Research)やMatchstick Productionsの映像に毎回出ていた当時を代表するフリースキーヤーだ。90年代から2000年代初頭くらいのエクストリームスキーを知る者にとっては、憧れの存在なのである。僕はスノーボーダーながら、それらの映像を見ていたので当然ケント・クライトラーという存在は「雲の上の存在」と言っても過言ではないほどの憧れのお方だった。

 

そのケントが今日のメンバーの中に居て、お会い出来ただけではなく、一緒に滑れただけでもなく、彼の滑りをファインダーで追い、撮影する事が出来たのは本当に感慨深い。しかも、今季一の雪質だったとニセコのローカル達が口々に言った程の最良のコンディション。吹雪のため数日間ゲートがクローズされた後のゲートオープンデイに時折光も射し込むという、これ以上ないというコンディションだった。しかし、年齢差のあるチーム構成だったり、なんだかんだと色々あって彼の滑りを撮れたのは3本だけ。もう少し撮りたかったなぁ~。でも、本当にこの機会を頂けた事に感謝感謝!!

 

20190120160215.jpg

元U.S.エクストリームスキーチャンピオンでTGRのメインキャストだったあのKent Kreitlerを撮影出来る日が来るとは思ってもみなかった。感謝。

 

 

20190120160513.jpg

76歳のバリバリのスキーヤーGさん。

 

 

20190120160638.jpg

Smith Opticsの元副社長で1972年札幌オリンピックのスキーアメリカ代表Dさん。

 

 

20190120160801.jpg

70後半ながら休憩もせずにずっとニセコの雪を堪能していたBさん。

 

 

20190120161010.jpg

Smith Opticsの日本総代理店社長のNさん。

 

 

20190120161104.jpg

本日のリーダーガイドであり、Smith Opticsの古くからのライダーであるPOWCOM代表高久智基。

 

 

20190120161219.jpg

テールガイドとして参加の岸秀彦。


撮影同行料無料のPHOTO SESSIONツアーの詳細はこちら≫
皆さんツアーご予約時にPHOTO SESSIONのリクエストをお待ちしております!!
その日その方のAll Dataパッケージプランも大好評です!

2019
1/18

こんばんは、Kageです。

今日は昔から来て下さっているリピーター様と昨日初めてご参加頂いた道北からの方の計2名様とBC HikeツアーにてPhoto Sessionしてきました。

 

一昨日から強風を伴って降り始めた雪は、夜半に一旦?小康状態となったようですが、相変わらず吹き続けている風の影響もあり、朝家の周りにはタップリと雪が積もっていました。昨日の夕方も除雪したのに…。

 

しかし、今日は気温も風も昨日よりかは幾分マシな予報で、しかも日中は曇り予報となっているため光が出るチャンスが結構あるのでは?と期待していた。

 

また、昨日はシールトラブルなどでハイクに時間がかかってしまったツアーでしたが、今日は体力・技術も問題ないスノーシュー2人のツアーだから、テンポ良く回せる事が予想され、タップリな雪に光が射し込む可能性が充分にあるな!と期待していた。

 

朝、山に向かう時までは晴れていて、否が応でも光を期待せずにはいられなかった。まぁ~朝だけの晴れはニセコでは良くあるので、期待してはいけないと思いつつ。。。

 

実際山へ行くとドンドン天気が悪くなっていき、結局光が入ったのは一本目を登っている時だけで、最後は本当に猛吹雪で何にも見えなくなる程の視界不良となった。しかも、山で見掛けてた外国人達のハイクルートには閉口するし、雪も場所によってドン深の所や風で叩かれている所と色々で、昨日よりも斜面は風の影響を受けていたと感じたし、昨日よりもツアー中に風を喰らい寒かった気がした。予報では風も気温も昨日よりマシな予報だったのに…。常連様も「過去参加したツアーで1位2位を争う寒さだった」と言っていたくらい、なかなかの極寒暴風ツアーでした。

20190118173632.jpg

リピーター様のSさん。

 

 

20190118173724.jpg

昨日今日と二日間ご参加頂いたAさん。

 

 

20190118173833.jpg

本日のリーダーガイド山田誠。

 

 

20190118174648.jpg

本日のテールガイド菅原渉。

 

 

20190118174738.jpg

ツアーサポートで門下生の山本亮太。


撮影同行料無料のPHOTO SESSIONツアーの詳細はこちら≫
皆さんツアーご予約時にPHOTO SESSIONのリクエストをお待ちしております!!
その日その方のAll Dataパッケージプランも大好評です!

2019
1/17

こんばんは、Kageです。

今日は外国人2名とお一人でご参加の日本人3名様の計5名のお客様とBC HikeツアーにてPhoto Sessionしてきました。

 

今日は家の前では今季一!?というくらいの積雪があり、一昨日までの一週間まともに降雪のない状況でしたが、一気に復活を遂げたニセコです。しかし、ー15℃以下?の気温に加えて、風速20m以上の強風が吹き荒れ、体感気温は何℃?という一日でした。だが、極寒仕様で臨んだので個人的にはほとんど寒さを感じず、防寒対策に成功したのもあってか非常に厳しいコンディションながらも快適に過ごせました。まぁ~しかし、特に風が強くなった午後はなかなかのエクストリームコンディションでしたね。シール登攀のスキーヤー組は極寒コンディションでシールトラブル続出となり、大変でしたね。

 

風の影響もあり全く雪が付いておらず叩かれている所や、スパスパと亀裂が走る危険個所も予想通りありましたが、滑走斜面の選択は良く、思いのほか雪は安定していましたし、極上と言っても過言ではないかなりのグッドコンディションでした。お客様も大きなスプレーを上げて気持ち良さそうでした。ツアー後のスライドショー時にも「こんなにスプレー上がっていたのですね!」と自分のスプレーを写真で見て驚かれていました。最高ですね。

いやぁ~しかし、いつものニセコのコンディションに戻ってくれて嬉しい限りです。ずっとパウダーを探し当てられていましたが、これで完全リセットという感じです。しかし、雪は危険な状態ですので、皆さん気を付けましょうね。

 

20190117184320.jpg

石川県から車泊スタイルで来られた初参加のYさん。今季買ったGentemstickのBig Fishで気持ち良さそうにスプレーを上げてました。

 

 

20190117184741.jpg

3ターン分のスプレーを背後に巻き上げてターンするこちらも初参加のAさん。

 

 

20190117184902.jpg

本日のリーダーガイド大島司。

 

 

20190117184941.jpg

テールガイドの小林明弘。

 

 

20190117185023.jpg

ツアーサポートで門下生の山本亮太。


撮影同行料無料のPHOTO SESSIONツアーの詳細はこちら≫
皆さんツアーご予約時にPHOTO SESSIONのリクエストをお待ちしております!!
その日その方のAll Dataパッケージプランも大好評です!

CALENDAR

top
ENGLISH | JAPANESE