PHOTO SESSION ARCHIVES | POWDER COMPANY GUIDES

PHOTO SESSION


2018
5/14

こんにちは、Kageです。

昨日は朝から雨が降り出し、風も強く、嵐となりました。雪に変わった場合は下界に降りるバスが運休となってしまうと言うので、早い時間に昨日帰るお客様3名を見送りがてら板を持って室堂まで行きました。しかし、暫くはバスが運休になる程でもなさそうだし、雨は降っているけどちょっと滑りに行くかという事になり、帰る3人も含めて皆で滑りに行きました。するとドンドン雨風が強くなり、最終的には皆びしょ濡れ。なかなか経験しない滑走となりました(笑)。

 

宿に戻り、びしょ濡れになったウエア、ブーツ、バックパックなどを乾かす作業をした後は、温泉に入ったり、スライドショーをしたりしてのんびりと宿で過ごしました。夕方下山する3人のお客様は雨の中を帰って行き、1人のお客様が雨の中を初めての立山にやって来ました。

 

当初2日間雨の予報でしたが、今日の朝には雨が上がって晴れる予報に変わり、場合によっては山の上はパウダーかと期待していました。

 

今朝はまだ雨や霙が降っており、山が全く見えない真っ白なガスに包まれた立山でした。雨雲レーダーを見ても8時台に一旦雨が上がるが、その後も11時頃までは周辺に雨雲が残る感じでした。皆昨日のように全身びしょ濡れになるのはもう懲り懲りなので、場合によっては午前中は停滞かな?と思いながら朝食を食べました。

 

すると8時半頃から急速に晴れ始め、雲の隙間から青空も見えてきました。僕と2名のお客様はお先に本日下山するので、チェックアウトして室堂のコインロッカーに滑るのには不要な物をデポする準備をして9時頃出発。場合によっては室堂で天気が完全に回復するまで様子を見ようと思っていましたが、もう雨が降りそうにないので、不要な荷物をデポした後直ぐに滑りに行きました。

 

空はすっかり晴れ渡り、雨のお蔭でトラックが全て消え去った面ツルの斜面に太陽の光が燦燦と降り注いでいました。期待していたパウダーではなかったけれど、全面面ツルとなった山々に興奮しました。最悪の場合雨と風で斜面はカチカチとなってしまう可能性もありましたが、雪は所によってフィルムクラストになりかけのキラキラと輝くシャクシャクのザラメ雪。板は走りそうだし、スプレーも飛ばせそうだし、若干興奮と期待に胸を膨らませて登りました。

 

いざ滑ってみると、期待していた通り、板は走るし、面ツルの斜面にスプレーは飛ぶし、最高の春雪コンディション。おまけに天気は台風一過のような青空が広がり、美しい立山の山々と斜面が僕らを包み込んでくれ、こんなにコンディションが良いのに滑る人は極まばらで、斜面は貸切状態。滑り降りて振り返ると僕等だけのトラックが斜面に映し出されているかのように輝いていて至福の時間でした。今回で春の立山が4,5回目の僕のみならず、もう何回も来ているガイドのオームも「立山での過去最高コンディション!」と言った程、素晴らしいコンディションでした。

 

明日も晴れ予報だし、フィルムクラストにもなり始めていたので、延泊したい気持ちが無いでもなかったのですが、最高のコンディションで今季最後のフォトセッションを今季一番フォトセッションしたご夫婦とシーズンを締め括る事が出来、晴れ晴れとした気持ちで立山を後にしました。

 

実は4月28日のツアー中に肋骨を痛め(恐らく骨折)てしまったのですが、こうしてシーズン最後までフォトセッション出来て嬉しい限りです。パウダーカンパニーを始め、ご一緒した全てのお客様、サポートしてくれる家族・友人・メーカーなど関係する全ての方に感謝感謝です。また来季も何卒宜しくお願い申し上げます。ありがとうございました!!

 

Kage(稲蔭一道)

 

20180516133645.jpg

嵐が去り、雨のお蔭で一面真っ白な面ツル斜面となった立山。

 

 

20180516134023.jpg

雪はキラキラと輝く良さそうなヤツ。否が応でも期待に胸が弾む。

 

 

20180516134450.jpg

初めて目にする雄大な立山の景色に圧倒されるAちゃん。

 

 

20180516134748.jpg

板は走るし、スプレーは飛ぶし、面ツルだし、光は良いしと、これ以上ない極上コンディションを滑るT姉さん。

 

 

20180516140339.jpg

初めての立山でこの極上コンディションを手にした幸運の持ち主Aちゃん。

 

 

20180516140617.jpg

滑り終えて振り返ると面ツル斜面に僕等だけのトラックが輝いていた。

 

 

20180516153913.jpg

垂直バンクに当て込むガイドのオーム。

 

 

20180516141218.jpg

前日嵐だったため高度順応もバッチリでした。

 

 

20180516141659.jpg

こんな極上コンディションなのに滑っている人は極まばらで斜面は貸切状態だった。

 

 

20180516143819.jpg

立山らしい景色をバックにターンするT姉さん。

 

 

20180516144633.jpg

巨大バンクに当て込むTさん。

 

 

20180516144857.jpg

同じバンクに当て込むAちゃん。

 

 

20180516155651.jpg

もういっちょ別のバンクに当て込むTさん。

 

 

20180516145503.jpg

こちらはトーサイドで当て込むガイドのオーム(岡田修)

 

 

20180516154407.jpg

立山の極上コンディションを当てたメンバー。

 

 

20180516154538.jpg

素晴らしいコンディションに後ろ髪を引かれながらも歩く帰り道。

 

 

20180516154717.jpg

雪はフィルムクラストになり始めていた。今季のPhoto Sessionファイナルに相応しい極上コンディション、最高でした!ありがとう立山!!


撮影同行料無料のPHOTO SESSIONツアーの詳細はこちら≫
皆さんツアーご予約時にPHOTO SESSIONのリクエストをお待ちしております!!
その日その方のAll Dataパッケージプランも大好評です!

2018
5/12

こんにちは、Kageです。

今日は個人的には3年連続となる春の立山ツアーにやってきました。ニセコも桜と春紅葉が間もなく見頃となる感じだったので、離れるのが残念な気持ちもありましたが、後ろ髪引かれながらもここ立山にやって来ました。以前桜の下で滑走するのを撮影したポイントがあと数日で良い感じになりそうだったのですが…。ニセコに帰ってもまだそこの雪と桜が残っている事を願います。

 

さて、立山はと言うと昨年に比べて大分雪が少ない印象ですが、一昨日は数10cmのパウダーだったようです。しかし、昨日の晴れでもう終了となってしまいました。新雪が降ってしまったせいでややこしいコンディションになっていると予想していましたが、案外板も走り、コンディションは良い感じでした。ただ所により湿雪雪崩が酷い状況でした。天気も白くなってきたと思ったら、青空が見えたりとコロコロ変わる天気でしたが、雄大な山々も見えて良い天気だったと言える日だったと思います。

 

数日前から立山入りしていたガイドのオーム(岡田修)とYさん以外の今日入りした僕を含めた6名は、昨夜あまり睡眠時間がなかったので高山病が心配されました。特にKさんは2日間寝ていない状態だと言うので心配でしたが、全員重度の高山病にはならずに助かりました。明日明後日と雨の予報だったので、皆さん重たい体に鞭打って頑張りました。宿となるみくりが池温泉に帰ったのは18時前でした。

 

やはりここみくりが池温泉の飯も温泉も最高だなぁ~。特に温泉は僕の一番好きな温泉の一つです。何度入っても毎回そう思わせてくれる最高の温泉なのです。今年もここに来れた事に感謝です。

 

20180513151734.jpg

稜線の雪は融けていますが、真っ白な雪に覆われた雄大な景色の中をハイク開始。

 

 

20180513152149.jpg

一番高山病でやられていたT姉さん。頑張りましたね。

 

 

20180513152457.jpg

2日間寝ていないと言っていたのに元気だった、バンクに当て込むKさん。

 

 

20180513152708.jpg

雄大な景色をバックに飛んで見せたEちゃん。

 

 

20180513152845.jpg

バンク当て込みセッションでレイバックを見せたYさん。

 

 

20180513153003.jpg

リップの上部で板を回し込んだTさん。

 

 

20180513153134.jpg

初めての立山を楽しんでいたTさん。

 

 

20180513153746.jpg

リップから高く飛び出しインディーグラブを決めたガイドのオーム。

 

 

20180513153910.jpg

皆でイエーイ!!

 

 

20180513154036.jpg

何て事のない場所を歩いているだけでも絵になる立山。

 

 

20180513154256.jpg

立山を象徴するライチョウ。


撮影同行料無料のPHOTO SESSIONツアーの詳細はこちら≫
皆さんツアーご予約時にPHOTO SESSIONのリクエストをお待ちしております!!
その日その方のAll Dataパッケージプランも大好評です!

2018
4/30

こんばんは、Kageです。

今日は早いものでもう4月も終わり、今の所の予約状況では今日が僕の今季ニセコでのラストツアーでした。まだまだ雪があるのに、なんだか切ないですね。

 

今日の天気予報は町で最高気温21℃という晴れ。早朝から町で17℃、山頂でも10℃超えという目を疑うような数字でした。しかし大変風が強く、朝から木が大きく揺れていました。今日はこの強風がネットでした。

 

気温は高いが風が強く、雪があまり緩んでおらず、風の影響が少なく標高の低い雪の緩んだ所で遊んでいたいが、スキー場は強風でいつ運休になるか分からない(ヒラフの方はほぼ全休?だったみたい)し、標高が低いと気温が高過ぎて猛烈ストップスノーの可能性があり、仕方なく爆風の可能性が高いが標高の高い所に行く事にしました。つい先日の27日に開通になったばかりの冬季封鎖道路パノラマラインを利用して峠道の上まで行き、そこからハイクを開始。ニトヌプリからイワオヌプリまで滑る計画でした。

 

ハイシーズンはニトヌプリのピークまで1時間半~2時間くらい掛かりますが、パノラマライン開通後は40分程で行けました。楽ちんですね。ただ、ピーク付近は本当に爆風で体が飛んでいきそうでした。恐らく風速20~25mくらいだったと思います。ガイドのオームは「おぉ~一瞬体が浮いたぁ~!!」なんて言っていましたし、「今まででこんな風が強いの体験した事のない!」という者まで居ました。場合によってはルート変更をせざるを得ないかな?とも思っていましたが、そのピーク付近が一番風が酷かっただけど、他はそれほどでもなく、概ね予定通りのルートでツアーを行いましたが、イワオヌプリの稜線には行くのを止めて、下部セクションで遊ぶ事にしました。

 

後で聞いたところ、スキー場は早い時間から猛烈なストップスノーとなったらしいですが、僕らが行った所が多少雪が詰まる感はあったものの、充分楽しく遊べるくらいには板が走って良かったです。欲を言えば、もう少し雪が緩んでくれたらなぁ~という感じでした。まぁ~板が走らないよりは硬い方が良いですが…。

 

20180430172226.jpg

パノラマライン開通のお蔭で峠道の上部からハイク開始。

 

 

20180430172346.jpg

登りが苦手なSちゃんも笑顔で登っていました。

 

 

20180430172606.jpg

ニトヌプリのピークは超爆風でオームなんてマイケル・ジャクソン状態をキープしていました。

 

 

20180430172748.jpg

風をかわしている所はほのぼのとした雰囲気。GWなのにほぼ無人でした。

 

 

20180430172934.jpg

「ここ気持ち良かったぁ~!!」とドデカい1枚オープンバーンを滑るCさん。

 

 

20180430173230.jpg

時折綺麗な青空を見せてくれて、気持ちの良い登り返しでした。

 

 

20180430173516.jpg

グーフィーに当て込むKさん。

 

 

20180430173606.jpg

「疲れたけど、歩いちゃえば気持ち良かった」と言っていたSちゃん。

 

 

20180430173716.jpg

本日のリーダーガイド岡田修。

 

 

20180430173753.jpg

本日のテールガイド山田誠。


撮影同行料無料のPHOTO SESSIONツアーの詳細はこちら≫
皆さんツアーご予約時にPHOTO SESSIONのリクエストをお待ちしております!!
その日その方のAll Dataパッケージプランも大好評です!

CALENDAR

top
ENGLISH | JAPANESE