PHOTO SESSION ARCHIVES | POWDER COMPANY GUIDES

PHOTO SESSION


2019
5/13

こんばんは、Kageです。
今日は立山ツアー最終日。今日も朝から快晴の立山です。ガイドのオームに至っては1週間丸々快晴と立山では非常に珍しい天候の立山ツアーとなりました。ニセコでも1週間快晴なんて記憶にないくらいです。

昨日下山した3名に加えて4名が夕方到着し、今日は計6名のお客様とPhoto Sessionしてきました。

POWCOMのオームツアーとしては珍しく、今日は立山の主峰雄山(標高3003m)まで行ってきました。きっとオームは1週間も滞在して飽きてきたのでしょうね(笑)。毎日快晴のこの天気にも「もうこの天気飽きたわ〜」、なんて冗談で言っていました。

宿泊しているみくりが池温泉から室堂山荘と一の越を経由して、そこからはもう雪が無いのでスノーボードもスノーシューも背負ってガレ場の稜線を登って行きました。普段見ることのない一の越から上の稜線からの景色も最高なのですが、やはり雄山山頂からの景色は格別でした。昨日到着した1人は酸素が薄いので少しキツそうでしたが、皆心配していた高山病にならず、無事登頂出来たのが良かったです。

雪は期待していた全面フィルムクラストにはならなかったし、山頂からの山崎カールの雪は緩みきっておらず少し固い所もありましたが、部分的にフィルムクラストとザラメでグッドコンディションでした。本当に今回の立山は天気だけでなく、雪も最高でしたね。当たりでした。お蔭様で最高のシーズンの締め括りが出来ました。ありがとうございました!

 

20190514023413.jpg

立山ツアー最終日は快晴の中、立山の主峰雄山(写真中央)を目指して歩く。

 

 

20190514023637.jpg

コルにある一の越山荘から上は落石に気を付けながら雪のないガレ場の稜線を登って行く。

 

 

20190514023938.jpg

一の越の稜線の裏に広がる魅力的な斜面を横目に登って行く一行。

 

 

20190514024144.jpg

360度どこを見ても景色が最高だった。

 

 

20190514024531.jpg

標高3003mの雄山山頂直下から広大な斜面へとドロップイン。

 

 

20190514024729.jpg

山崎カールのバックハンドウォールに当て込むSさん。

 

 

20190514024907.jpg

グーフィーの壁に当て込む唯一のグーフィーMasa. Tさん。

 

 

20190514025228.jpg

雄大な景色をバックにヒールサイドターンを決める紅一点のEちゃん。

 

 

20190514025428.jpg

先頭を切ってエンドボウルに当て込みに行ったTさん。

 

 

20190514025522.jpg

レイバックを決めたAくん。

 

 

20190514030120.jpg

照り付ける太陽のもとバンクに当て込むKさん。

 

 

20190514025627.jpg

立山で1週間快晴というコンディションを引き当てたリーダーガイドの岡田修。


撮影同行料無料のPHOTO SESSIONツアーの詳細はこちら≫
皆さんツアーご予約時にPHOTO SESSIONのリクエストをお待ちしております!!
その日その方のAll Dataパッケージプランも大好評です!

2019
5/12

こんばんは、Kageです。
今日は立山Photo Sessionツアー2日目(POWCOM立山ツアーとしては6日目)。昨日のお客様3名と昨日上がって来たご夫婦の計5名のお客様とPhoto Sessionの予定でしたが、1人高山病の影響か体調が悪く、せっかく立山まで来たのに滑らずに下山する事になり、計4 名のお客様となりました。

僕も昨夜宿に着いてから高山病で頭が痛く、まともにご飯が食べられなかったですが、朝には回復していました。

今日も立山は快晴で暑く、肌にジリジリ来ていました。今日は僕は行ったことのないロングラン出来るルートに行き、バスで帰って来ました。僕が立山に初めて来た1998年にも恐らく弥陀ヶ原のバス停留所まで滑ったのですが、何処を滑ったのかは全く記憶にありません。恐らく今日滑ったラインではなかったと思いますが…。

最初の北西面の登りは、今回は雪緩んでいるから不要と判断し置いて来たスキーアイゼン無しではスプリットボードの僕とお客さん1人は上までは登れず断念しましたが、ロングランを2本などなどを楽しんできました。

お客さんはあまりの気持ち良さに思わず声が出る方が多かったですね。そりゃぁ〜この雄大な景色の中を途轍もなく広いオープンバーンのロングランですから声が出てしまうのも無理ありません。しかも、雪はストップスノーのないテカテカコンディション。

昼飯食べて、バスで室堂に戻り、ゆっくりして再び滑ってというマッタリのロングランツアーでした。今日の残ったメンバーは全員高山病にはなりませんでしたし、一日中快晴でテカテカのコンディションで夕方まで最高でした。

 

20190512215421.jpg

テッカテカに輝くスーパーコンディションを滑るTさん。ようやく春雪が滑れましたね。

 

 

20190512215617.jpg

こちらは夕方にテカテカのスーパーザラメコンディションを滑るMasa.Tさん。

 

 

20190512215748.jpg

大斜面に思わず声が出ていたTさん。

 

 

20190512215928.jpg

ロングランを2本滑って大阪に帰って行ったKさん。

 

 

20190512220045.jpg

テッカテカの大斜面に一筆書きでラインを描くリーダーガイドの岡田修。


撮影同行料無料のPHOTO SESSIONツアーの詳細はこちら≫
皆さんツアーご予約時にPHOTO SESSIONのリクエストをお待ちしております!!
その日その方のAll Dataパッケージプランも大好評です!

2019
5/11

こんばんは、Kageです。
今日はこの時期の恒例となりました立山ツアーに同行してPhoto Sessionしてきました。僕がPowcom立山ツアーに同行するのは、これで4年連続となります。

数日前から立山に入りツアーを行っていたガイドのオームは、前日(5月6日)に降った雪でパウダーノートラックを滑れたようだが、それ以降はずっと晴れているそうだ。ずっと晴れなんて初めてと言ってました。その為流石にもうパウダーはありませんが、ストップスノーも殆どなく、少しずつフィルムクラストが出来始めていて、全体的にテカテカとしていてとても綺麗でした。明日明後日くらいに全面フィルムクラストになってくれないか期待大です。


今日も晴れで、下界は夏日。標高2500mを超える立山でもジリジリと日射しが照り付け、動かずに座ってるだけで汗ばんで来る位で、皮膚が焦げるくらいに暑かったです。

昨日までのお客様は全員下山しており、今日新たに上がった3名のお客様とPhoto Sessionでした。3名とも過去に立山でセッションしているお客様で和気藹々って感じで、初日という事もあり、到着後宿泊するみくりが池温泉の前で数時間喋ったり、居眠りしたり、昼食までして高度順応し、その後のんびりと登って滑りました。やはり、立山は標高が高くて酸素か薄いし、オーム以外は皆昨夜移動して来て睡眠時間も少ないので体が重く、動きが悪かったですね。最後は皆高山病で頭が痛くなってしまいました(特に僕が酷かった)。昼までゆっくりしたので高度順応したかなと思ったのですが…。

今日はスタートも午後からだったこともあり、夕方の時間まで滑り、宿に着いたのは19時でした。初日から良いセッションが出来ました。最高です。

 

20190511223344.jpg

17時過ぎテカテカの斜面に滑り込むMasa. Tさん。

 

 

20190511223541.jpg

昨夜仕事終わって夜通し大阪から車を走らせて来たKさん。

 

 

20190511223739.jpg

暫くの休憩の後ターンを決めるTさん。

 

 

20190511224001.jpg

立山滞在5日目?のリーダーガイド岡田修。

 

 

20190511224109.jpg

最後滑り終えて帰る時はもう日没寸前の夕暮れ時だった。

 

 

20190511224241.jpg

宿に着いたのは丁度日没時間。最高の夕焼けが出迎えてくれた。


撮影同行料無料のPHOTO SESSIONツアーの詳細はこちら≫
皆さんツアーご予約時にPHOTO SESSIONのリクエストをお待ちしております!!
その日その方のAll Dataパッケージプランも大好評です!

CALENDAR

top
ENGLISH | JAPANESE