2019年12月24日 Entry BCツアーとニセコの現状 | PHOTO SESSION
PHOTO SESSION

2019
12/24

Entry BCツアーとニセコの現状

こんばんは、Kageです。

今日はリピーター様1名と初めてご参加のご夫婦と一緒にEntry BCツアーに同行して写真を撮ってきました。そのご夫婦はインターネットでニセコでバックカントリーツアーに入るならどこのガイド会社が良いか問いかけたところ、半数以上が「Powder Company」という回答が来たので申し込みましたと言ってました。嬉しいですね。

 

さて、Entry BCツアーメニューは、初めてバックカントリーをされる人などを対象としたツアーで、道具の使い方や簡単な知識などを説明しツアーをするメニューで、ご夫婦は「ずっとバックカントリーに行ってみたかったけど、ようやく行けました!」と笑顔で仰っていて、ガイドから受ける説明は真剣そのものという感じに耳を傾け、初めてのスノーシューでのハイクは満面の笑顔で歩いていたのが印象的でした。ツアー後も初めてのバックカントリーの感想を聞くと、「最高に楽しかったです!!」と夫婦口を揃えて言っていました。

 

今日ご参加頂いた2組とも昨年の12月もニセコに来ており、「今年は雪が少ないですね。去年は最高だったのに!」と言っていましたが、僕も1997年からニセコに居て、過去2回くらいこんな年があったような記憶がありますが、統計は確認していないですが今季は確かに少ないですね。しかも、昨年の12月は過去最高っていうくらい良かった年だったので余計にそう感じてしまいます。現状で言うとスキー場内のコースでもまだ小石が出ていたり、まだオープンしていないコースもありますし、コース脇などは笹ボーボーで、各スキー場のトップリフトは年内はクローズになりそうとの事で、当然スキー場管理区域外に出るゲートもまだ一度も開いていません。しかし、バックカントリーエリアは笹の少ないポイントや川を越えないポイントなど行ける所は限りがありますが、雪はずっと良い感じですし、スプレーも飛ばせるし最高に楽しめていますよ。つまり、多少歩くのが問題なければスキー場を滑っているよりかは、遥かにバックカントリーは楽しめる状況だと思います。

 

今日のお客様もここ何日かスキー場を滑っておられましたが、今日ツアーに参加して身に染みてそれを実感したようで、明日以降もツアーに参加したい!とご予約されていました。そりゃ~今日のスプレーの写真をみたら納得頂けるかなと思います。

 

20191224172313.jpg

初めてスノーシューを履いての登りでも満面の笑顔だったO夫人。

 

 

20191224172603.jpg

小柄な女性ながらこんなスプレーを上げていたO夫人。

 

 

20191224172730.jpg

旦那さんはこのために買ってきたと言うGoPro片手に滑走。

 

 

20191224172533.jpg

昨年このEntry BCメニューに参加し、今回はBCギアを一式購入して来られたTさん。

 

 

20191224173113.jpg

本日のリーダーガイド山田誠。

 

 

20191224173156.jpg

本日のテールガイド佐野雄介。

 

 

20191224173248.jpg

今季のPOWCOM門下生 塚越甲斐。

 

 

20191224174826.jpg

滑走後は、ビーコン講習しお客様1人ずつビーコン捜索してみました。

撮影同行料無料のPHOTO SESSIONツアーの詳細はこちら≫
皆さんツアーご予約時にPHOTO SESSIONのリクエストをお待ちしております!!
その日その方のAll Dataパッケージプランも大好評です!

PHOTO SESSION PHOTOGRAPHER

稲蔭“KAGE”一道

稲蔭 “KAGE” 一道

スキー・スノーボード雑誌で活躍するプロカメラマン稲蔭”Kage”一道が、バックカントリーツアーに同行してあなたの滑りを撮影!プロカメラマンの手によるショットを手に入れるチャンスです。ツアーご予約時にPHOTO SESSIONのリクエストをお待ちしております!!

CALENDAR

top
ENGLISH | JAPANESE