2018年4月30日 爆風の中、プチ縦断ツアー | PHOTO SESSION
PHOTO SESSION

2018
4/30

爆風の中、プチ縦断ツアー

こんばんは、Kageです。

今日は早いものでもう4月も終わり、今の所の予約状況では今日が僕の今季ニセコでのラストツアーでした。まだまだ雪があるのに、なんだか切ないですね。

 

今日の天気予報は町で最高気温21℃という晴れ。早朝から町で17℃、山頂でも10℃超えという目を疑うような数字でした。しかし大変風が強く、朝から木が大きく揺れていました。今日はこの強風がネットでした。

 

気温は高いが風が強く、雪があまり緩んでおらず、風の影響が少なく標高の低い雪の緩んだ所で遊んでいたいが、スキー場は強風でいつ運休になるか分からない(ヒラフの方はほぼ全休?だったみたい)し、標高が低いと気温が高過ぎて猛烈ストップスノーの可能性があり、仕方なく爆風の可能性が高いが標高の高い所に行く事にしました。つい先日の27日に開通になったばかりの冬季封鎖道路パノラマラインを利用して峠道の上まで行き、そこからハイクを開始。ニトヌプリからイワオヌプリまで滑る計画でした。

 

ハイシーズンはニトヌプリのピークまで1時間半~2時間くらい掛かりますが、パノラマライン開通後は40分程で行けました。楽ちんですね。ただ、ピーク付近は本当に爆風で体が飛んでいきそうでした。恐らく風速20~25mくらいだったと思います。ガイドのオームは「おぉ~一瞬体が浮いたぁ~!!」なんて言っていましたし、「今まででこんな風が強いの体験した事のない!」という者まで居ました。場合によってはルート変更をせざるを得ないかな?とも思っていましたが、そのピーク付近が一番風が酷かっただけど、他はそれほどでもなく、概ね予定通りのルートでツアーを行いましたが、イワオヌプリの稜線には行くのを止めて、下部セクションで遊ぶ事にしました。

 

後で聞いたところ、スキー場は早い時間から猛烈なストップスノーとなったらしいですが、僕らが行った所が多少雪が詰まる感はあったものの、充分楽しく遊べるくらいには板が走って良かったです。欲を言えば、もう少し雪が緩んでくれたらなぁ~という感じでした。まぁ~板が走らないよりは硬い方が良いですが…。

 

20180430172226.jpg

パノラマライン開通のお蔭で峠道の上部からハイク開始。

 

 

20180430172346.jpg

登りが苦手なSちゃんも笑顔で登っていました。

 

 

20180430172606.jpg

ニトヌプリのピークは超爆風でオームなんてマイケル・ジャクソン状態をキープしていました。

 

 

20180430172748.jpg

風をかわしている所はほのぼのとした雰囲気。GWなのにほぼ無人でした。

 

 

20180430172934.jpg

「ここ気持ち良かったぁ~!!」とドデカい1枚オープンバーンを滑るCさん。

 

 

20180430173230.jpg

時折綺麗な青空を見せてくれて、気持ちの良い登り返しでした。

 

 

20180430173516.jpg

グーフィーに当て込むKさん。

 

 

20180430173606.jpg

「疲れたけど、歩いちゃえば気持ち良かった」と言っていたSちゃん。

 

 

20180430173716.jpg

本日のリーダーガイド岡田修。

 

 

20180430173753.jpg

本日のテールガイド山田誠。

撮影同行料無料のPHOTO SESSIONツアーの詳細はこちら≫
皆さんツアーご予約時にPHOTO SESSIONのリクエストをお待ちしております!!
その日その方のAll Dataパッケージプランも大好評です!

PHOTO SESSION PHOTOGRAPHER

稲蔭“KAGE”一道

稲蔭 “KAGE” 一道

スキー・スノーボード雑誌で活躍するプロカメラマン稲蔭”Kage”一道が、バックカントリーツアーに同行してあなたの滑りを撮影!プロカメラマンの手によるショットを手に入れるチャンスです。ツアーご予約時にPHOTO SESSIONのリクエストをお待ちしております!!

CALENDAR

top
ENGLISH | JAPANESE