友達アーカイブ | TOMOKI TAKAKU BLOG | POWDER COMPANY GUIDES
TOMOKI TAKAKU BLOG

友達 のブログ記事

2016
8/ 9

今夜は15年以上前に発表されたスノーボード&スキービデオの話。からミニマムな政治の話です。

20160809122304.jpg

GENTEMSTICKのTT-modelが出来るまで乗っていたMOSS TT-model90年前半発売モデルとupas films動画作品

 

20160809120554.jpg

©Yoichi Watanabe video.Shunsuke Ito

 
ruwe / upas films
 
正確な発売日がわかりませんでしたが、
ruwe2 2002/11に発表だったので、ruweの撮影が開始されたのはたしか2000年前後。
撮影を開始した当時、パウダー滑走に特化した内容の作品は「AURA」か「グラントプロダクション」の作品があったぐらいと思います。DVDはまだ無く、スチール撮影をするナベちゃんはフィルムを使っていました。
ruweは、スキーヤーとスノーボーダーが同じパートで滑るたぶん国内初のビデオ作品でもありました。高久智基と宮下健一がスノーボードで滑走しています。

20160809120902.jpg
渡辺洋一さんとは写真撮影も沢山しました ©Yoichi Watanabe
 
なんとなくスノーボーダーとスキーヤーが滑る場所が分かれていた時代です。
アルペンはスノーボードで、高原はスキーヤーみたいな。
東山スキー場(ニセコビレッジ)に至っては「スノーボード禁止」でしたからね。。
それまで辿った歴史と文化が異なっていたのです。
滑りも何も異種格闘技戦の様でした。

20160809121231.jpg
Goproなど無い時代だったのでsonyのマメカムに自作フード魚眼&ハンディーカム仕様
 
雪崩。法律。自由。責任。 経済。
 
共通の問題点に向かって進みました。
文化が交錯そして成熟してゆく今。
 
管理区域以外滑走禁止であった(法律的には現在も)あの混沌とした時代を振り返って。
ひらふの先輩たちにはお世話になりました。そのほとんどの方が土地を手放されたことで、現在の問題点を地域の重鎮から伺う機会が少なく困っております。
先にいたのは事実です。しかし圧倒的な力が働いています。
 
今ニセコではごく当たり前な経済中心の活動が、日本中でも有名なほど繰り広げられております。
日本は自由に土地の売買が行える国なのはわかっています。しかしこの15年で土地の価格が10倍から50倍になっちゃったり、自然(パウダー)には限りがあることを分かっていない観光の在り方には、がぜんやる気が出ます。
 
実はニセコの話だけではありません。
特有の気圧配置、日本海と日本列島のおかげで、こんなに南北でしかも低い標高のところまで雪が降って、積雪する国は珍しいんですよ!
ニセコ(深雪)→白馬(急斜面)→大雪(乾雪)→野沢(文化と雪質)。と世界のマーケットにさらされた今だと思います。この先も続きますよ→予想はお会いした時にでも。
 
「どうする?」
「どうしようか?」

🇯🇵
日本の話なので私達には決める権利があります。日本国民ですから。優しくも面倒な地域のことなどやってきています。何よりご先祖様が築いた全てを引き継いだ日本の話なのです。
 
などと話がだいぶ逸れてしまいましたが、これら作品を撮影している当時だいぶ海外へも出向きました。
為替の関係で良い思いをしたことはありますが、ビジネスに関しては何処でも現地の人がしっかり絡んで継続的に行える仕組み(条例など)もあったように思います。
 
「お前らがニセコを有名にして!」という事もご指摘頂きました。
必然でもあります。はとんど人がいないのです。やっちゃいました。でも誰かがやったのです。
 
これまでの経緯も踏まえて、無理が少なく持続しやすいルールや条例が出来てゆくと良いのかな。
目指すは自然公園法国土交通省鉄道局の管轄のルールの見直しですかね。さきなが~

#国民とは? #インバウンド陰陽 #自然に対するルール #矛盾必然 #見直しの弊害 #教育

 
 
ruweシリーズの監督でもある渡辺洋一さんのお話は、今までも何度かブログやSNSで取り上げてまいりました。固っ苦しく紹介しましたが、良い仲をさせていただいています。
 
過去の高久智基ブログより
 
 


2015
9/10

「政治と宗教の話はするな。」(webやsnsで)などと聞きますが、今日は日蓮宗の話となります。

私の実家は神奈川県藤沢市にあります。
スノーボードを始めて離れてしまったので、20年ぐらい生まれ育った土地です。

この藤沢の片瀬という場所に龍口寺というお寺がありあります。
婆ちゃんの代からこのお寺にお墓がありまして、亡くなった父(平成26年5月)は、生前の過去10年程を本お祭りの行われる龍口寺の中境内にて「寄り合い所的な飲食屋台店」を運営しておりました。
父の生前の平成25年より、お祭りの店の代表とお祭りでの檀家の役割を引継いだ経緯があります。

私にとっては、このお寺にはお墓があり家族と私も入る場所。好きな場所だし、大切な場所というのがモチベーションです。
宗教のことは熱心ではなく恐縮ですが、こんな素晴らしいお祭りに何らかの形で関わらせて頂く事は、とても光栄です。

20150910210316.jpg
このお祭りについて、詳しくは龍口寺のホームページをご覧下さい。
750年近く前に起こった歴史的な法難回避を今なおお祭りとして継続させる事って凄いというか、考えの時間的枠を超えすぎています。


ここからは、宣伝。
下記に発見したYouTube動画を貼りましたが、まさにあの場所で20名ぐらいが座れるお店を出しています。
商品は、生ビール、ジュース、焼きそばなどのつまみ程の軽食です。是非休憩して行って下さい。
そしてとても混みます!天気が良ければ20時から21時は身動きがとれない事も予想されます。接触や怪我には十分注意してください。揉事御法度でお願いします。

20150910210044.jpg


法難会の行事行程
日時
11日    万灯練行列 午後7時頃より万灯練行列があります。
12日    ぼたもち供養大法要 午後6時より法要を執り行います。
              万灯練行列 午後7時頃より万灯練行列があります。
   龍の口法難会征当ぼたもち供養大法要 深夜0時より法要を執り行います。




龍口寺
神奈川県藤沢市片瀬3-13-37


発見したYouTube映像。(この万灯練行列は見物です!)



2015
4/ 8
20150408145446.JPG

あいにくの天気予報で隆太郎祭の開催にも影響が懸念されました。

しかし!低温には変わりなかったものの、風の影響が少なく、予定通り行ないました!


本年度は悪天候にも関わらず、70名近くの方々にご参加頂きました。
遠方や都合によってお越しいただけなかった多くの方々に「メッセージ」や「肉」「海産物」「ビール」「酒」「野菜」「生ハム」などなど、沢山のお気持ちも賜りまして最高の隆太郎祭となりましたことをご報告致します!

パウダーカンパニーのBBQ史上最高の流れ、人数、ノリで行なうことが出来ました!
この場で参加頂いた皆様、気にかけて頂いた皆様にお礼を申し上げます。
ありがとうございます。

奥隆太郎が他界し、6年が経ちました。
集まったみんなとも回想し、自分達の成長(加齢)も感じたりと複雑な想いもありました。

シーズンの終盤戦にこうしてみんなと会える点をつくってくれたのも隆太郎の配慮なのかなととも思いつつ、若干趣旨も変わりつつある隆太郎祭は来年も継続したいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。


「お願い」
ここでひとつ頼みがあります。
もし生前の隆太郎の写真を持っている方がおりましたら、是非私の方へ写真を送って頂けないでしょうか?
今後の隆太郎祭のスライドショーに加えさせて頂きたいと考えております。
是非よろしくお願いします。

写真送信先
t.t@powcom.net
高久智基







2014
12/29
20141225163537.jpg

【ステッカー】

PARADOX VISION


2008年前後

-mm × -mm


シルクスクリーン印刷

写真家、山田博行製作のステッカー
#同い年 #北米飲み歩き最高

------------------------------------------

高久智基
の私物のステッカーか、目にとまったステッカーを紹介します。




2014
12/26
20141225161303.jpg

【ステッカー】

SPACECRAFT


2010年前後

-mm × -mm


Car Danchiシリーズの監督Neil Hartmannの超レアステッカー

------------------------------------------

高久智基
の私物のステッカーか、目にとまったステッカーを紹介します。




高久智基

高久智基 / TOMOKI TAKAKU

90年前半から「エクストリーム」&「フリーライド」の分野で活躍するフリーライドスノーボーダー。98年よりゲレンデ・バックカントリーガイドを務め、スノーボードの楽しさと危険を伝えてきました。ニセコを訪れたお客様に楽しんで頂くと同時にスノーボードの技術向上 "上手くなればより楽しい"を実践すべく展開中。

詳しいプロフィールはこちら≫

CALENDAR

MONTHLY

LINKS

top
ENGLISH | JAPANESE