2010年1月アーカイブ | TOMOKI TAKAKU BLOG | POWDER COMPANY GUIDES
TOMOKI TAKAKU BLOG

2010年1月 アーカイブ

2010
1/31

こんばんわ!
先日ブログで報告しましたが、CASIOが新たにスポンサーして頂けることとなりまして、同社の新製品コンパクトデジタルカメラ「EXILIM G」の発表会に行ってきました。

EXILIM G EX-G1
tough_img01.jpg

会場は原宿の表参道ヒルズ
CIMG0301.jpg

本製品のプロモーションにおいていくつかのブランドもコラボしていて、そのひとつが既に契約しているTHE NORTH FACEなのです。
CIMG0313.jpg

会場は報道関係が中心の様で300人以上いたようで、盛り上がっていました。
CIMG0309.jpg

EXILIM Gのアンバサダーとして契約する3人の記念ショット 左から、平山ユージ、内野洋平、高久智基
AAA0316.jpg
CASIO EXILIM G EX-G1で撮影

発表会では私の撮影した写真も発表したのですが、使用期間が3日、しかも晴れた日が無かったので若干不本意だったので、今後の撮影と発表を頑張りまーす!

近いうちにTHE NORTH FACEとEXILIM Gとのコラボレーションサイトも出現するので、そこでの発表になるかと思います。

発表会も緊張しましたが、TNFチームの平山ユージさんとお会いしたのが嬉しくも、緊張しましたね!



2010
1/26

こんにちはー
みんな滑ってますか?

縁あって先週から使用しているCASIO「EXILIM G」というコンパクトデジタルカメラ
まだ深く使い込んでいないのですが、初見的なレビューを書きたいと思います。

R0015965.jpg

液晶付きのデジカメってCASIOが世界初だったって知ってましたか?
デジタルカメラのEXILMブランドと耐衝撃の時計として有名なG-SHOCKブランドがメーカー内のコラボレーションで実現したカメラが、この「EXILIM G」。
コンパクトデジタルカメラなのに1200万画素、G-SHOCKとのコラボによって3m防水、約2mの耐衝撃構造、-10℃までの耐低温、防塵を実現しています。

R0015967.jpg

使用した感覚は、ベストショットというシーンモード的な設定が沢山あるので、基本的にオート(押すだけ)での撮影でカバー出来そうです。
そして何よりも楽だと感じるのは、雪山での使用及びポケットからの出し入れに気を使わなくて良い事ですね!
いずれにしてももう少し使い込んでみます。

そう、何で発売前のカメラをテストしているかと言うと、
THE NORTH FACE」と「EXILM G」のWEBサイトコラボレーションや友人からの紹介などと複数の絡みもありまして、契約をする運びとなっています。

明日27日はメディア発表会ということで1泊で東京まで行ってきます。

技術的や詳細情報は下記リンクなどをご参照ください。
EXILIM G SPECIAL SITE

CASIO EXILIM G 製品情報


EXILIM G EX-G1 レビュー



2010
1/14

こんにちは、みなさん滑ってますか?
今年は低気圧が南気味に通過する事が多く、日本列島全体が降雪する日もあったり、良いコンディションが当たってるのではないでしょうか。

ニセコも例に漏れず素晴らしいコンディションを楽しめています。

昨日の夕方からは強風が吹き朝迄の降雪も結構あったので、今朝はグランヒラフのセンター4に行ってきました。
ハイシーズンになってからは、初となる朝一センター4。軽く「道場破り」的な感覚を持って挑みました。
久しぶりに滑った「尾根」と「スーパーコース」はやはり良かったですね。

そしてアンヌプリ国際スキー場へ移動して、今シーズンで数えられる位深い雪を仲間とともにセッション!

ちょっと荒れたゲレンデもへっちゃらみたいな感覚もアリ、壁も上の方迄当てられました。

今日はベストボードを乗れました。
GENTEMSTICK
IMPOSSIBLE ARATA SUZUMURA PRO MODEL

Length 1860
R.Length 1281
EF.edge 1415
Nose 300
Tail 285
Waist 250
SidecutR. 11000
Setback - 20
Tapered 2.5
Stance 495-575
CAM. 5
SidecutDep 18.5



  • 1
高久智基

高久智基 / TOMOKI TAKAKU

90年前半から「エクストリーム」&「フリーライド」の分野で活躍するフリーライドスノーボーダー。98年よりゲレンデ・バックカントリーガイドを務め、スノーボードの楽しさと危険を伝えてきました。ニセコを訪れたお客様に楽しんで頂くと同時にスノーボードの技術向上 "上手くなればより楽しい"を実践すべく展開中。

詳しいプロフィールはこちら≫

CALENDAR

MONTHLY

LINKS

top
ENGLISH | JAPANESE