高久智基 Tomoki Takakuアーカイブ | TOMOKI TAKAKU BLOG | POWDER COMPANY GUIDES
TOMOKI TAKAKU BLOG

高久智基 Tomoki Takaku のブログ記事

2016
8/ 9

今夜は15年以上前に発表されたスノーボード&スキービデオの話。からミニマムな政治の話です。

20160809122304.jpg

GENTEMSTICKのTT-modelが出来るまで乗っていたMOSS TT-model90年前半発売モデルとupas films動画作品

 

20160809120554.jpg

©Yoichi Watanabe video.Shunsuke Ito

 
ruwe / upas films
 
正確な発売日がわかりませんでしたが、
ruwe2 2002/11に発表だったので、ruweの撮影が開始されたのはたしか2000年前後。
撮影を開始した当時、パウダー滑走に特化した内容の作品は「AURA」か「グラントプロダクション」の作品があったぐらいと思います。DVDはまだ無く、スチール撮影をするナベちゃんはフィルムを使っていました。
ruweは、スキーヤーとスノーボーダーが同じパートで滑るたぶん国内初のビデオ作品でもありました。高久智基と宮下健一がスノーボードで滑走しています。

20160809120902.jpg
渡辺洋一さんとは写真撮影も沢山しました ©Yoichi Watanabe
 
なんとなくスノーボーダーとスキーヤーが滑る場所が分かれていた時代です。
アルペンはスノーボードで、高原はスキーヤーみたいな。
東山スキー場(ニセコビレッジ)に至っては「スノーボード禁止」でしたからね。。
それまで辿った歴史と文化が異なっていたのです。
滑りも何も異種格闘技戦の様でした。

20160809121231.jpg
Goproなど無い時代だったのでsonyのマメカムに自作フード魚眼&ハンディーカム仕様
 
雪崩。法律。自由。責任。 経済。
 
共通の問題点に向かって進みました。
文化が交錯そして成熟してゆく今。
 
管理区域以外滑走禁止であった(法律的には現在も)あの混沌とした時代を振り返って。
ひらふの先輩たちにはお世話になりました。そのほとんどの方が土地を手放されたことで、現在の問題点を地域の重鎮から伺う機会が少なく困っております。
先にいたのは事実です。しかし圧倒的な力が働いています。
 
今ニセコではごく当たり前な経済中心の活動が、日本中でも有名なほど繰り広げられております。
日本は自由に土地の売買が行える国なのはわかっています。しかしこの15年で土地の価格が10倍から50倍になっちゃったり、自然(パウダー)には限りがあることを分かっていない観光の在り方には、がぜんやる気が出ます。
 
実はニセコの話だけではありません。
特有の気圧配置、日本海と日本列島のおかげで、こんなに南北でしかも低い標高のところまで雪が降って、積雪する国は珍しいんですよ!
ニセコ(深雪)→白馬(急斜面)→大雪(乾雪)→野沢(文化と雪質)。と世界のマーケットにさらされた今だと思います。この先も続きますよ→予想はお会いした時にでも。
 
「どうする?」
「どうしようか?」

🇯🇵
日本の話なので私達には決める権利があります。日本国民ですから。優しくも面倒な地域のことなどやってきています。何よりご先祖様が築いた全てを引き継いだ日本の話なのです。
 
などと話がだいぶ逸れてしまいましたが、これら作品を撮影している当時だいぶ海外へも出向きました。
為替の関係で良い思いをしたことはありますが、ビジネスに関しては何処でも現地の人がしっかり絡んで継続的に行える仕組み(条例など)もあったように思います。
 
「お前らがニセコを有名にして!」という事もご指摘頂きました。
必然でもあります。はとんど人がいないのです。やっちゃいました。でも誰かがやったのです。
 
これまでの経緯も踏まえて、無理が少なく持続しやすいルールや条例が出来てゆくと良いのかな。
目指すは自然公園法国土交通省鉄道局の管轄のルールの見直しですかね。さきなが~

#国民とは? #インバウンド陰陽 #自然に対するルール #矛盾必然 #見直しの弊害 #教育

 
 
ruweシリーズの監督でもある渡辺洋一さんのお話は、今までも何度かブログやSNSで取り上げてまいりました。固っ苦しく紹介しましたが、良い仲をさせていただいています。
 
過去の高久智基ブログより
 
 


2016
1/ 2
なんだかんだで3年目です!

20160102130819.jpg

明けましておめでとうございます。
みなさま滑ってますか!?

全国的に雪不足に困惑するシーズンイン。ニセコも例年に比べると積雪量は少なめではありますが、十分滑れる状況にとても有り難い気持ちです。

ところで
「ニセコ町にラジオ局があるのをご存知ですか?」

その名は

この放送局の毎週金曜日の朝8:45(冬期間のみ)から7分間ぐらい「ニセコパウダースノーインフォメーション」と題したコーナーを担当しています。
何気に今年で3年目となります。

なにぶん滑らない方も聞くであろう公共放送なので、マニアックな話題は控え気味に「週末のゲレンデ周辺のコンディション」を中心にイベント情報などをお話ししています。

とはいっても観光が最大の産業となったニセコ町発信なので、時には少し難しいコンディションの話もしますので楽しみにしていて下さい。(滑りに興味ない方にはご勘弁ください)

年明けの初めの放送は、1月8日8:45からです。
毎回生放送なので携帯の電波状況などの問題で聞き取りにくい時があります。

それでは4月中以降までお付き合いをよろしくお願いします!


放送終了分の音声をYouTubeにて配信中!




2015
8/27

Car Danchi 9 "Drives" 車団地9

Teaser が発表されました!

多くはありませんが、本作品へも登場しています!
こうして永年続く作品に出演出来る事とても嬉しいです。

9月18日 発売開始




FROM:Neil Hartmann

Car Danchi 9 "Drives" 車団地9

クルマを並べてライトを消せば、そこから始まる夢はスノーボーダーたちのもの。グッドコンディションを狙って最前線でステイする。そんなスタイルでパウダーを求める連中が、旅を重ねてとうとう9作目を迎えた。

カー団地の魅力は「変わらないこと」だ。変化を求めてもがくのではなく、軸をぶらさずに好きなことだけを追いかける。今回のオープニングはオレンジ先輩(山内一史)とシャーク兄さん( )の2人旅。北海道の大自然の中、ナイスなスピードでスプレーを引くライディングは、しばらく雪から遠ざかっていた身体にはちと刺激強め。それでも2人の柔らかな乗り方なら、優しくジワッと効いてくる。

こうして始まる雪の旅につづいて、パウダーのある生活にどっぷりはまったライダーたちのとろけっぷりを描き出し、森林限界を遙かに超えたエリアで地形を読んでラインを描くちょっとピリピリする空気感を漂わせ、ロードサイドの壁でトランジション遊びをする思いっきり緩いスタイルを展開。続いて雪崩と真剣に向き合うパトロールの活動となぜ彼らがそこまでするのかを語り、ハンドメイドスノーボードと雪板で滑る楽しさの原点を垣間見せたら、キッズたちのあまりにわかってるラインに賞賛と感性を送って、春のセッションになだれ込むといった寸法。

こうして55分間、滑り手はまったく変わっていないのに、刺激と出来事はつぎつぎにやってくる旅が繰り広げられる。

パウダーが好き。そのシンプルな想いを軸に、この「9」では新たな視野をグッと広げた。その結果、辿り着いたのは「スノーボードが好き!」というプリミティブな想い。

「CarDanchi 9」は一周回って、いちばんベーシックな衝動を、最高にシアワセになれる方法で描き出している。

間違いなく共感して、笑って、そして滑りに行きたくなる興奮剤。夏の間、大人しく眠っていたスノーマインドを優しくそっと、しかし確実にたたき起こしてくれるだろう。


このTeaserに使われている音楽はKen ishii 別名義 FlareのNew Album 「Leaps」に収録されている

Parasympathetic Nervous Systemという曲です。

詳しくは http://www.kenishii.com 

欲しい人は https://70drums.stores.jp/

へお願い致します。


The infamous Car Danchi crew has returned for 9 Drives around the winter wonderland of Japan. Included are adventures from the bottomless powder of Hokkaido's Niseko in "Avalanche Control" to the mysterious snow monster riding of Aomori's Hakkoda in "Handmade Trip." It shares the fun riding "Hakuba Style" to the next generation's powder riding in "Powder Kids." You will love the wild and free adventures of Orange Man and Shark Boy in "Orange Trip," where the nomadic Danchi riders are always in the right place at the right time. Japan's handmade board culture is explored in "Yukimaker," and the "World Heritage" trip to Shiretoko Peninsula is nothing but classic Danchi winter lifestyle. Car Danchi, the snow movie that inspires and entertains, extends the lease on the dream of an endless winter with 9 Drives.


Soundtrack features:


Higashida Tomohiro

OQ's & Shiba

Markey

Epick

Animal Living

Flare aka ken ishii

Koss

O.N.O aka Machine live

Bliss

ESS O ESS

Jah Sock

ヤンバルクイナパンタロン


Price: ¥3800 + Tax

Length: 55 minutes.

Bonus Disc: 70 minutes


Directed by: Neil Hartmann

Distributed by: Visualize Image K.K 03-6273-2686



2015
1/24

In February 2011 Anthony Bourdain brought his TV show to Niseko to sample the local specialties - powder snow & (because it's Tony) food...



いまだにアメリカでは再放送が行なわれている様で、お会いするアメリカ人のほとんどの人が知っているテレビ放送です。

2011年2月と少し古い番組ですが、紹介させて頂きます。

出演:Anthony Bourdains、高久智基、玉井太朗、鈴木秀明



2014
12/26
20141226210549.JPG

こんにちは!
前回の低気圧が居座ってくれているおかげもあって、ニセコ周辺のバックカントリー斜面は急速に仕上がりました。

しかし斜面自体は良かったとしても、ある程度の時間や幾つもの低気圧の影響を受けることで、狭い谷や露出する川も埋まって行きます。
なのでBCリフトアクセスのリーダー岡田修と谷底の様子をリサーチしてきました。

20141226210728.JPG

晴れの写真を使用していますが、この日も断続的に激しい降雪が続いています。
冬型の気圧配置の時には、強い北風の影響で雲がちぎれて、青空が覗くことがしばしばありますが、決して好転する天気図ではありません。
疑似晴天とか疑似好天と呼ばれる空模様です。

20141226210820.JPG

半年ぶりにドロップインポイントより見下ろす斜面のクオリティーは完全に見えます。

20141226210923.JPG

懸念していた谷の状態も予想より良く、川の穴も塞がりつつありました。

さぁ本格的なバックカントリーシーズンの到来です!



高久智基

高久智基 / TOMOKI TAKAKU

90年前半から「エクストリーム」&「フリーライド」の分野で活躍するフリーライドスノーボーダー。98年よりゲレンデ・バックカントリーガイドを務め、スノーボードの楽しさと危険を伝えてきました。ニセコを訪れたお客様に楽しんで頂くと同時にスノーボードの技術向上 "上手くなればより楽しい"を実践すべく展開中。

詳しいプロフィールはこちら≫

CALENDAR

MONTHLY

LINKS

top
ENGLISH | JAPANESE