PHOTO SESSION ARCHIVES | POWDER COMPANY GUIDES

PHOTO SESSION


2017
3/26
こんばんは、Kageです。
今日はPowder Company東北ツアーの2日目で初めて夏油高原スキー場にてツアーを行いました。夏油は個人的には今回が初めてで、20年位前からいつか行きたいと思っていた場所で今回個人的にも非常に楽しみにしていました。そう、20年位前僕がパウダーやバックカントリーにハマり始めた頃本州のパウダースポットで有名だったのは、八甲田、八幡平、夏油、谷川岳、立山、白馬といった所だった。その中で唯一行っていなかったのが夏油なのだ。この20年間ずっと頭の片隅にはあったのだがタイミングがなかった。そんなワケで今回ようやく20年越しの想いが叶ったというワケだ。
 
昨日の秋田駒同様一昨日の金曜日までは数日間雪が降り続いていたが、昨日の春休みに入った土曜の晴れって事もあって、スキー場はパウダーを喰い尽くされた後のような状況を想像していた。しかも、今日は+8℃の予報だったので下手したらガスがでてしまうとも考えていた。つまり最悪の場合ガスの視界不良に雪もガタボコかもしれなかった。天気予報では朝だけ晴れでのち曇り、夕方から雨って感じだった。

朝起きると有難い事にスッキリと晴れ渡っていた。それだけでも気分が軽くなった。写真的に言えば、雪が悪くても天気さえ良ければ何とかなるからだ。いざ、夏油高原スキー場に向かうと、麓はもう丸っきり雪が見当たらないほど融雪が進んでおり、「本当に大丈夫か!?」と心配になるほど雪がなかった。しかし、遠くからでも夏油スキーにはしっかりと雪が残っている事は確認出来ていた。近付くにつれ全貌が明らかになって来たので頭の中に様々な情報をインプットしていった。斜面の向き、雪庇の向きと場所、コースの全体像、コースとコースの間の地形、トラックの有無、雪質などなど。見た感じでは昨日もこの山付近はずっと雲が掛かっていたようで雪は死んでいなかった。このスキー場の全体の斜面の向きは東向きなので、コースとコースの間の沢のレギュラーは北向きとなる。なんとかなりそうだ!
 
今日のお客様は昨日ご参加頂いた4名に、先週末Powder Companyにご参加頂いた1名、先月TNFイベントに参加頂いた1名、そしてPowcom参加の情報が無いもう1人という計7名だった。本来は今回高久智基社長がガイドをする予定で募集を掛けていたのですが、先週に腰を痛めてしまい急遽参加出来なくなってしまったのだった。そこで心配となったのは、①高久智基ガイドを期待して参加されたお客様は居ないのか?。②夏油でガイドツアーするのに今回誰も夏油を知っている人が居ない事だった。①に関しては、智基君が参加出来なくなった旨をお客様全員に直接連絡して貰い対応。で、②が一番の問題点なのだが、予め東北に前入りしていたガイドの岸君と小林が下見に行ってくれて予習してくれていた。しかし、たった一度だけである。たった一度だけ滑っただけでガイド出来るのか?が最大の懸念事項だった。しかも、こんな3月末の時期にだ。
 
更に困ったことに、今日ご参加頂いた内の2人は、毎年夏油を滑っている人と、極め付けは夏油のシーズンパスを持っているローカルが居たのだ。明らかに僕等よりも夏油を知っている人達ではないか!開き直って「何処が良いか教えて下さい!」と思わず言ってしまった(笑)。まぁ~半分冗談と言うか何と言うか…。そのローカルの方に「なぜローカルなのに今回参加したのか?」と尋ねると、「最近仕事の都合上全然ニセコに行けていないし、せっかくPowder Companyの方々が地元に来てくれるので一緒に滑りたかった」と言ってくれた。そういうお気持ちならこちらも助かる。
 
そもそも何故Powder Companyが夏油高原スキー場でガイドツアーを開催する事になったか?と言うのが疑問に思う人も居ると思う。これには智基君の絡みで色々事情があったのだが、その肝心の智基君が来れなくなってしまった。本来それならば夏油で開催する必要が無くなったワケだが、夏油で募集もかけていたし、当日現地入りで予定を組んでいる方も何人もおられたので予定を変更せずに夏油で開催する事にしました。
 
さて、いざツアーが始まりリーダーガイドの岸君の判断のもと最初のポイントに行ってみると、ドライパウダーが残っているではないか!しかも、ツボ足で膝くらいの深さでほぼノートラックである!それに背景は真っ青の青空である。一時は最悪の状況も想像していたが、それら全てが真逆の良い方に流れ、The Dayの予感さえする。なんてこった。1本目の撮影は核心部へのドロップポイントまでの移動の短い距離で撮ったのだが、背景の素晴らしい青空に巻き上がる大きなスプレー。そして、逆光のため大きなスプレーから漏れる光が実に美しかった。その移動の一本だけでもバッチリ撮れた感があり、すっかり肩を撫で下ろしたと言うか、むしろ興奮した。その下の核心部も沢のボトムに2本位トラックが入っていたが、良いレギュラーの壁があるのにまともに当て込んでいないラインで、そのレギュラーの上の尾根ラインは木漏れ日が超綺麗なのにノートラックだった。こんな最高の地形しているのにまともにトラックが入っていないのを見て「これは今日一日イケるぞ!」と確信した。
 
それからはもうその一本目のラインを起点にひたすらノートラックのオーバーヘッドパウダー三昧でした。地形が素晴らしく、沢ずくしでした。流石に+5~6℃くらいあったので、昼頃からドライパウダーとはいかず少し湿気てしまいましたし、徐々に青空も少なくなってきましたが、最後の最後までスプレーを飛ばせまくれました。お客様も大満足で皆笑いが止まらないって感じで良い笑顔をしていました。夏油ローカルのお客様も「こんな所あったんですね。知りませんでした」と言ったとか…。そして、僕が今日のツアーを振り返ってずっと気になっていた事が…、それは岸君は何故一本目にあの場所を選んだのか?という事だ!聞けば、先日の下見の際には一切行っていなかった場所だと言う。つまりは今まで行った事のない場所。岸君曰く「勘!なんだか導かれた」だそうだ。確かに僕も朝夏油の全体像を見て情報を頭にインプットした際は、全体が東向き斜面だからコース間の沢のレギュラーは北面、パウダーを狙うなら沢のレギュラーと考えていたが、昨日までに沢山のトラックの入られたスキー場の中でノートラックのドライパウダーを勘で、しかも一発で見つけてしまったのには驚きだ。今日は岸君のスーパーファインプレーとしか言いようがない。ありがとうございました!!そして、3年目となる東北ツアーの今回も沢山のお客様にご参加頂き、誠にありがとうございました!!またのご参加お待ちしております。夏油高原スキー場も本当に良い所でした。また行きたいなぁ~。

20170327030838.jpg
毎回特大のスプレーを上げ皆の歓声を浴びていたNさん。
 
 
 
20170327030929.jpg
ローカルながらここを滑ったのは初めてだと言うTさん。
 
 
20170327031051.jpg
ナイスヒールサイドのUさん。
 
 
20170327031130.jpg
沢のレギュラーに何発も当て込み大きなスプレーを上げたMさん。
 
 
20170327031203.jpg
いつもはスキーですが、今日はスノーボードでご参加のKさん。
 
 
20170327031240.jpg
ほぼ日帰りでのご参加でスプレーを飛ばして帰ったCさん。
 
 
20170327031315.jpg
愛媛→八甲田→秋田→岩手→八甲田→愛媛と1人で車で動き回る行動力には脱帽のNさん。
 
 
20170327031355.jpg
長年の経験と勘で今日のスーパールーティンに導いてくれたリーダーガイドの岸秀彦。
 
 
20170327031421.jpg
後方に長く伸びるスプレーを描いたテールガイドの小林明弘。
 
 
20170327031454.jpg
沢地形の連発に興奮していたツアーサポートの佐野雄介。
 
 
20170327031532.jpg
最後は皆でイエーイ!!無事に第3回POWCOM東北ツアーも大成功で終わりました。ありがとうございました!!

撮影同行料無料のPHOTO SESSIONツアーの詳細はこちら≫
皆さんツアーご予約時にPHOTO SESSIONのリクエストをお待ちしております!!
その日その方のAll Dataパッケージプランも大好評です!

2017
3/25
こんばんは、Kageです。
今日は今年で3年目となるPowder Company東北ツアーの初日で、秋田駒ヶ岳にてPhoto Sessionしてきました。
 
秋田駒はCATで8合目まで行く事が出来、そこからは360°無数に広がるラインへ自由にハイクアップして滑る事が出来る地形の宝庫だ。何度訪れてもあそこからの景色には感動を覚える。僕がここ数年ハマっている場所の一つだ。しかし、秋田駒の最大の欠点が天気が悪い事が多い事らしいのだが、僕は今回で4度目になるが有難いことに過去3回とも毎回晴れていた。言い換えれば晴れている秋田駒しか知らなかったのだ。何日か前から天気図や天気予報をチェックしていたが、今回も「曇り/晴れ」で悪くなさそうで、おまけに前日までの数日間雪が降り続き、昨夜も夜半まで雪が降り続いていたのでコンディションを期待していた。半面雪崩の危険性にも警戒していた。
 
いざ、行ってみると天気は曇りと言うかガスと言うか、真っ白で何も見えない状況だった。CATオペレーターのおじさんも8合目避難小屋のCAT降車場に着くと「今日は何も見えませんね。お気を付けて!」と言う程だった。遂に4回目にして、僕らの快晴伝説は絶たれたのか?天気予報によると午前中は雲が多いが、午後からは晴れてくる予報だったので徐々に晴れて来てくれることを期待しながら登り始めた。しかし、登り始めてしばらくして、一瞬雲が抜けて山が見えると、期待していたコンディションがかなり厳しいコンディションであることを思い知らされた。昨夜遅くまで雪が降っていたはずなのに、ほぼ全面風で叩かれているではないか!「あぁ~これでは登っても仕方がないなぁ~」と思いながら、リーダーガイドの岸君と登りながら相談をする。尾根は雪飛んでいる事は覚悟していたが、無数に沢の中はパウダーだと思っていた。しかし、ハイクラインの両サイドにある沢の中もほぼ全て風で雪が飛んでいるのだ。視界不良って事もあるしこれ以上登らずにハイクして来た脇にちょっと雪が付いているラインがあったのでそこを滑って、初めて来た時から気になっていたいつも行く男女岳(おなめだけ)の方面とは全く逆の山に行く事にした。先程一瞬雲が抜けた時にその山の幾つかの沢の雪はコンディションが良さそうに見えたからだ。
 
ワイドオープンから徐々に沢になっていくラインを滑った後、登り返してレギュラーの張った非常に形の良い沢を滑りました。そこは視界不良まではいかず地形は見えたし、雪は底当たりのないスプレーの飛ぶ最高の雪でしたが、かなり雪が不安定な状況で慎重に見極めながら滑りました。皆さんこの滑った2箇所の地形と雪には大満足だったようで、笑顔で滑り終える事が出来て良かったです。見た限りですが、恐らく現在の秋田駒で一番良いコンディションの場所を滑れたのではないでしょうか。僕や岸君もずっと気になっていたポイントだったので、今回初めて行けて良かったです。視界不良じゃなかったら今回も男女岳方面を目指していたと思うので、今回は視界不良だったお蔭だったとも言えます。「いやぁ~良かった良かった」。今回残念ながらすっきり晴れる事はなかったですが、やっぱり秋田駒は最高です。
 
20170326072555.jpg昨年のPOWCOM東北ツアーで初めてスノーボードトリップに出たと言うNさん。今年も強行スケジュールで参加してくれました。
 
 
 
20170326072658.jpg
今回がPOWCOM初参加ながらフットワーク軽く愛媛から車でご参加の女性Nさん。
 
 
 
20170326072815.jpg
昨年に引き続きご参加のMさん。良いスプレーを上げてました。
 
 
 
20170326072910.jpg
今回はGentemstickのT.T.Modelで秋田駒へ挑戦したUさん。良い感じでした。
 
 
20170326073906.jpg
最後にちょっとだけ顔を出してくれた田沢湖。
 
 
 
20170326073156.jpg
東北っぽい樹氷をバックにターンする本日のリーダーガイド岸秀彦。
 
 
 
20170326073517.jpg
初めてみる秋田駒の地形に終始興奮していた本日のテールガイド佐野雄介。
 
 
 
20170326073556.jpg
こちらも初めての秋田駒に挨拶代わりのスプレーを飛ばすツアーサポートの小林明弘。

撮影同行料無料のPHOTO SESSIONツアーの詳細はこちら≫
皆さんツアーご予約時にPHOTO SESSIONのリクエストをお待ちしております!!
その日その方のAll Dataパッケージプランも大好評です!

2017
3/20

こんばんは、Kageです。

今日もリピーター様からのリクエストでBC Hikeツアーに同行してPhoto Sessionしてきました。

 

今日も相変わらずの朝からドピーカンで「今日は春のグッドコンディションになるな!」と朝から予想していました。そんな感じなので今日は今季初めてパウダーを狙わずに完全に春雪狙いのツアーとなりました。朝早いと雪がカチカチなので集合時間も若干遅らせて雪が緩む時間帯に狙いを定め、斜面の向きも標高も考慮しました。

しかし、いざ狙った斜面を滑ってみると、残念ながらまだ雪が硬かった。あと1時間くらいしたら緩んで良くなりそうだったので、本日のプランをリーダーガイドの岸君と練り直しました。違う面まで歩いて行きパウダーを狙う案も出ましたが、今日ニセコを出発する方も居たので時間的にちょっと厳しく、一度南面から更に朝から陽が当たっている東面に行く事にしました。その時間だと僅か数10mの違いでも微妙な斜面の向きで大きく緩み具合が変わっていて、2本目3本目はかなり良い感じに雪が緩んでいて最高でした。細いスキーを履かれたお客さんにはちょっと雪が緩み過ぎで辛かったようですが…。

 

当初の予定ではそのエリアだけで本日のツアーを完結させる予定でしたが、雪の緩み具合や滑走距離など滑走満足度を考えて別のエリアに車で移動する事にしました。リピーター様も「途中で車移動するこのパターンは初めてだ」と仰ってましたが、標高と斜面の向きに対しての雪の緩む時間帯、そして帰る時間も計算して頭の中で滑るポイントを割り出し、そこに向けてハイクを開始しました。

 

撮影本数も増やせるし、念のため最初に狙っているポイントより若干標高の高い所までハイクし、緩み具合を見て滑りながら標高を下げていく事にしました。すると登り切った所はまだ雪が硬かったので、景色の良い尾根を撮影しながらゆっくり下り、ドロップポイントに移動。狙っていた場所は想像以上と言うか、朝の予想通りと言うか、春の最高コンディションが広がっていました。シャクシャクに雪が緩んでいて、表面はフィルムクラストの走る最高の雪です。いやぁ~本当に最高でした。このコンディション明日以降ももっと滑りたいのですが、明日は天気が崩れ雨か雪が降ってしまう予報です。この時期雪が降るなら20~30cmドカッと降ってくれれば良いのですが、中途半端に降られてしまうとストップスノーの原因にもなるし、良い春雪が育つまでにまた何日もずっと晴れないといけないので、出来ればこのまま降らずに明日も晴れて欲しいのですが、どうなる事やら?まぁ~そんな感じで春の最高コンディションは出来上がるまでに数日の晴れを要するし、降られてしまえば一瞬で無くなってしまう非常に儚い存在なのです。しかし、今日の雪はこの1週間近く晴れ続いたお蔭で最高コンディションの部類に入る素晴らしい雪だったと思います。今日のお客様はラッキーでしたね。これからの時期はパウダーと同じくらい気持ちの良いローカル達が待ち侘びている第2のシーズンなので、皆様もそれを味わいに来ませんか?お待ちしております!!

 

20170321022531.jpg本日も貸切斜面で天気も景色も雪も最高です。

 

 

20170321022817.jpg

雲一つない深い青空の下を滑るSさん。

 

 

20170321022957.jpg

シャバシャバのスプレーを飛ばすSさん。

 

 

20170321023113.jpg

1本目は硬かったですが、綺麗な木漏れ日の中ターンする初参加のKさん。

 

 

20170321023239.jpg

本日のリーダーガイド岸秀彦。

 

 

20170321023323.jpg

テールガイドの佐野雄介。

 

 

20170321023353.jpg

逆光に照らされるフィルムクラスト。


撮影同行料無料のPHOTO SESSIONツアーの詳細はこちら≫
皆さんツアーご予約時にPHOTO SESSIONのリクエストをお待ちしております!!
その日その方のAll Dataパッケージプランも大好評です!

top
ENGLISH | JAPANESE