PHOTO SESSION


2017
2/24
こんばんは、Kageです。
今日は常連様からリクエストを頂きBC Lift Accessツアーに同行してPhoto Sessionしてきました。
 
ニセコは昨夜からの降雪が20cm前後あり、加えて強風の影響もあり吹き溜まりはそこそこ積もっている状況でした。しかし、北西風が強くニセコはリフトが運休となる恐れもあり、今日はちょっと足を延ばした所にあるスキー場に行く事にしました。
 
昨日の夕方は麓で雨だったという情報もあり一抹の不安もありましたが、いざ行ってみるとかなり雪が積もっており、むしろちょっと深過ぎというくらいでした。直下って滑らないとパウダーでは直ぐに失速してしまう雪で、スピードを出して狙いを定めた所でターンという感じでしたが、直下るのを怖がってしまうと失速するし、板を横にすることによって顔にスプレーが掛かってしまって先が見えなくなるという状況で、先が見えなくて止まってしまうと深くてリスタートが難しいという感じで、心を決めて板をフォールラインに向けられる人じゃないとちょっと難しいコンディションでした。こんなに深くなくて、この半分くらいで良いんだけどなぁ~という非常に勝手な悩ましいコンディションでした。まぁ~僕らは良いんですがね。今日はそもそも滑っている人も超少ないのに、そんなコンデイションなので午後1時半でもノートラックが至る所に残っている状況で結局ノートラックを滑り切れずに沢山お残ししたまま帰ってきてしまいました。お残ししてすみません!!という最高な一日でした。
 
20170224174702.jpg
午後1時半過ぎにノートラックバーンでターンを決めるTさん。
 
 
20170224174933.jpg
14時過ぎにオーバーヘッドのスプレーを上げるT姉さん。
 
 
20170224175130.jpg
トリプルオーバーくらいのスプレーを上げる本日のリーダーガイド岡田修。

撮影同行料無料のPHOTO SESSIONツアーの詳細はこちら≫
皆さんツアーご予約時にPHOTO SESSIONのリクエストをお待ちしております!!
その日その方のAll Dataパッケージプランも大好評です!

2017
2/23

こんばんは、Kageです。

今日はBC Lift Accessツアーに同行してPhoto Sessionしてきました。

 

昨日リフトアクセスで行ける所は大分喰い散らかされたような話は聞いていて、お客様に相談してリフトではなくハイクツアーに切り替えて貰おうかどうしようかと本日のリーダーガイド岸君が朝悩んでましたが、一応スノーシューも持って行ってよっぽどリフト回しがギタギタなようだったら途中からハイクに切り替えようという事で取り敢えずリフトツアーでスタートしました。

 

昨日からの降雪はない上に気温上昇のプラス気温でガスが標高750m辺りを上下しているような厳しい状況ではありましたが、なんとかガスに掛からない標高帯の昨日までにあまり人が入っていないポイントを選んでツアーを行う方針でした。結局、風でのリセットもあったのか意外にもノートラックバーンも結構残っていて、滑ったほとんどのバーンがノートラックでした。深くはありませんが、シットリとしたパウダーが気持ち良く、板も走ったので帰り道の緩斜面までパウダーを走れて最高でした。

20170223175047.jpg

滑りの写真を撮って貰うのが初めてと言うPhoto SessionのリクエストをしてくれたNさん。

 

 

20170223175336.jpg

良い形のスプレーを上げるYさん。

 

 

20170223175425.jpg

昨年初めてのバックカントリーツアーにご参加頂いたSさん。

 

 

20170223175905.jpg

本日のリーダーガイド岸秀彦。

 

 

20170223175719.jpg

本日のテールガイド前川詩乃。


撮影同行料無料のPHOTO SESSIONツアーの詳細はこちら≫
皆さんツアーご予約時にPHOTO SESSIONのリクエストをお待ちしております!!
その日その方のAll Dataパッケージプランも大好評です!

2017
2/20

こんばんは、Kageです。

今日は外国人を含む4組6名のお客様のツアーに同行してBC HikeツアーにてPhoto Sessionしてきました。

 

昨日は久しぶりに30cm程の降雪がありスキー場は大フィーバーし、今日も昨日から15~20cm前後の積雪がありました。昨日は風もそこそこ吹いていたので、程よくリセットするのかなと思っていましたが、スキー場レベルではそれほどリセットしてないようなコンディションでした。しかし、我々はBC Hikeツアーでしたので、元々滑っている人が少ないので昨日滑られていないラインを選べば、かなりのグッドコンディションでした。

 

朝のうちは光も射し、薄っすら青空も見えていました。昼前後から雪が降り出す予報でしたので、なんとか1本くらいは光のある内にドロップポイントまで登って貰って撮影したいと思っていました。しかし、登り始めて直ぐくらいからは結局光が入りませんでした。残念です。とは言え、光が入らないだけで視界良好なので滑走にも撮影にも問題なしでした。

 

スノーシューでのハイクが初めてと言うお客様もいらっしゃったり、多少急峻な登りに手こずるスプリットボーダーもいたりしましたが、皆さん頑張って登った甲斐あってオーバーヘッドのスプレーに全身包まれる事が出来ました。最高ですね。

20170220181410.jpg

前のターンのスプレーを残しながらもオーバーヘッドのスプレーを上げるOくん。

 

 

20170220181539.jpg

2日連続でツアーにご参加頂いたシアトルから初めて日本に来たBさん。

 

 

20170220181715.jpg

ワシントンでスキーパトロールをしているというTさん。

 

 

20170220181806.jpg

ハネムーンでニセコに来たと言う新郎Sさん。

 

 

20170220182231.jpg

毎回滑りながら笑顔で「なにこれ気持ちいいぃ~!」とか大声を出して降りて来ていた新婦のSさん。

 

 

20170220182424.jpg

本日のリーダーガイド岸秀彦。

 

 

20170220182502.jpg

本日のテールガイド大島司。

 

 

20170220182535.jpg

本日の通訳兼テールガイド前川詩乃。


撮影同行料無料のPHOTO SESSIONツアーの詳細はこちら≫
皆さんツアーご予約時にPHOTO SESSIONのリクエストをお待ちしております!!
その日その方のAll Dataパッケージプランも大好評です!

top
ENGLISH | JAPANESE