2017年3月25日 東北ツアー初日:やっぱり秋田駒は最高です。 | PHOTO SESSION
PHOTO SESSION

2017
3/25

東北ツアー初日:やっぱり秋田駒は最高です。

こんばんは、Kageです。
今日は今年で3年目となるPowder Company東北ツアーの初日で、秋田駒ヶ岳にてPhoto Sessionしてきました。
 
秋田駒はCATで8合目まで行く事が出来、そこからは360°無数に広がるラインへ自由にハイクアップして滑る事が出来る地形の宝庫だ。何度訪れてもあそこからの景色には感動を覚える。僕がここ数年ハマっている場所の一つだ。しかし、秋田駒の最大の欠点が天気が悪い事が多い事らしいのだが、僕は今回で4度目になるが有難いことに過去3回とも毎回晴れていた。言い換えれば晴れている秋田駒しか知らなかったのだ。何日か前から天気図や天気予報をチェックしていたが、今回も「曇り/晴れ」で悪くなさそうで、おまけに前日までの数日間雪が降り続き、昨夜も夜半まで雪が降り続いていたのでコンディションを期待していた。半面雪崩の危険性にも警戒していた。
 
いざ、行ってみると天気は曇りと言うかガスと言うか、真っ白で何も見えない状況だった。CATオペレーターのおじさんも8合目避難小屋のCAT降車場に着くと「今日は何も見えませんね。お気を付けて!」と言う程だった。遂に4回目にして、僕らの快晴伝説は絶たれたのか?天気予報によると午前中は雲が多いが、午後からは晴れてくる予報だったので徐々に晴れて来てくれることを期待しながら登り始めた。しかし、登り始めてしばらくして、一瞬雲が抜けて山が見えると、期待していたコンディションがかなり厳しいコンディションであることを思い知らされた。昨夜遅くまで雪が降っていたはずなのに、ほぼ全面風で叩かれているではないか!「あぁ~これでは登っても仕方がないなぁ~」と思いながら、リーダーガイドの岸君と登りながら相談をする。尾根は雪飛んでいる事は覚悟していたが、無数に沢の中はパウダーだと思っていた。しかし、ハイクラインの両サイドにある沢の中もほぼ全て風で雪が飛んでいるのだ。視界不良って事もあるしこれ以上登らずにハイクして来た脇にちょっと雪が付いているラインがあったのでそこを滑って、初めて来た時から気になっていたいつも行く男女岳(おなめだけ)の方面とは全く逆の山に行く事にした。先程一瞬雲が抜けた時にその山の幾つかの沢の雪はコンディションが良さそうに見えたからだ。
 
ワイドオープンから徐々に沢になっていくラインを滑った後、登り返してレギュラーの張った非常に形の良い沢を滑りました。そこは視界不良まではいかず地形は見えたし、雪は底当たりのないスプレーの飛ぶ最高の雪でしたが、かなり雪が不安定な状況で慎重に見極めながら滑りました。皆さんこの滑った2箇所の地形と雪には大満足だったようで、笑顔で滑り終える事が出来て良かったです。見た限りですが、恐らく現在の秋田駒で一番良いコンディションの場所を滑れたのではないでしょうか。僕や岸君もずっと気になっていたポイントだったので、今回初めて行けて良かったです。視界不良じゃなかったら今回も男女岳方面を目指していたと思うので、今回は視界不良だったお蔭だったとも言えます。「いやぁ~良かった良かった」。今回残念ながらすっきり晴れる事はなかったですが、やっぱり秋田駒は最高です。
 
20170326072555.jpg昨年のPOWCOM東北ツアーで初めてスノーボードトリップに出たと言うNさん。今年も強行スケジュールで参加してくれました。
 
 
 
20170326072658.jpg
今回がPOWCOM初参加ながらフットワーク軽く愛媛から車でご参加の女性Nさん。
 
 
 
20170326072815.jpg
昨年に引き続きご参加のMさん。良いスプレーを上げてました。
 
 
 
20170326072910.jpg
今回はGentemstickのT.T.Modelで秋田駒へ挑戦したUさん。良い感じでした。
 
 
20170326073906.jpg
最後にちょっとだけ顔を出してくれた田沢湖。
 
 
 
20170326073156.jpg
東北っぽい樹氷をバックにターンする本日のリーダーガイド岸秀彦。
 
 
 
20170326073517.jpg
初めてみる秋田駒の地形に終始興奮していた本日のテールガイド佐野雄介。
 
 
 
20170326073556.jpg
こちらも初めての秋田駒に挨拶代わりのスプレーを飛ばすツアーサポートの小林明弘。
撮影同行料無料のPHOTO SESSIONツアーの詳細はこちら≫
皆さんツアーご予約時にPHOTO SESSIONのリクエストをお待ちしております!!
その日その方のAll Dataパッケージプランも大好評です!

PHOTO SESSION PHOTOGRAPHER

稲蔭“KAGE”一道

稲蔭 “KAGE” 一道

スキー・スノーボード雑誌で活躍するプロカメラマン稲蔭”Kage”一道が、バックカントリーツアーに同行してあなたの滑りを撮影!プロカメラマンの手によるショットを手に入れるチャンスです。ツアーご予約時にPHOTO SESSIONのリクエストをお待ちしております!!

CALENDAR

top
ENGLISH | JAPANESE